お弁当箱 日の出幼稚園

お弁当箱 日の出幼稚園

Photo by kazuend on Unsplash

幼稚園のお弁当箱は、皆様どのような物を使っていますか?今この時代、様々なキャラ物や形の物が売られていますよね。幼児が扱いやすくて食べやすい、それでもって完食のできる量のお弁当箱とはどのようなものなのでしょうか。

幼児期には、完食できたという達成感を感じることが大事です。母親心から、いろいろ好きな物をいれてやりたいと考える方も多いかと思いますが、子供のお弁当箱は思った以上に小さい物です。一般的に幼稚園のお昼の時間は20分と短めです。時間に制限がある中で、子供が完食できる量を考えてあげなければいけないということです。年少さんが食べる量としては、アベレージで280mlだといわれています。園に通い始めた時は280mlでも、だんだんと体が大きくなり、食べる量も増えれば360mlに増やすということも考えた方がいいでしょう。

年長さんであれば、450ml程食べる子もいるそうです。新しいお弁当箱を使い始める前に、一回家で実際にお弁当箱に詰めてみたものを子供に食べてもらうのもいいでしょう。食べる量はもちろんの事、子供がそのお弁当箱で上手に食べれているのか確認するのも大切です。

一般的にパッキン式と呼ばれる形のお弁当箱に人気が集まっているようです。液体が漏れることが少なく、持ち運びもラクチンなので幼稚園児に限らず幅広い世代から人気があります。ただ、子供にとっては開け方が難しいという点があり、先生が子供1人1人を回って開けてあげるという事も起きているようです。できる限り家庭内で、開ける練習を事前にしておくと、園の先生にも喜ばれるでしょう。この形のお弁当箱は、液体漏れの可能性は極めて低いですが、プラスチックのパーツが壊れてしまう事があるようです。特に物を乱暴に扱う子供であれば、すぐに壊してしまう可能性は非常に高くなるでしょう。

一方でアルミタイプのお弁当は、丈夫で長く使えるという利点があります。物を乱暴に扱う子供でも壊してしまう可能性は低いでしょう。ただ液体漏れする事がありますので、しっかりとしめて持ち歩く必要はあります。子供が振り回すことを考えて、液体の多い内容の時は、アルミタイプの使用をやめるなど工夫をするといいでしょう。

いかがでしたでしょうか。基本的にお弁当はこの二つのタイプでありますが、上手に使い分けて、子供が喜ぶお弁当を作ってあげてくださいね。

日の出幼稚園でも、お弁当を持参して頂く事になっております。幼稚園に入園希望の方はお問合せをお待ちしております。

 

松井

Written by 

英語の先生です