基本情報処理技術者とは 日の出ITスクール

基本情報処理技術者とは 日の出ITスクール

基本情報技術者とは、経済産業省が主催する情報処理試験の中の一つです。どのような方がうけるのかというと、高度なスキルを持つ人材となるために、必要とされる基本的な知識・技能を持ち、実践で活用できる能力を身に着けたものということが試験概要には書かれています。その名の通り、主にプログラマーなどのIT職についている人、またはこれから働こうという人を対象にした試験です。試験では、IT業界で働くために必要な基本的な知識を持っているのか、情報処理に必要とされる論理的な思考力があるかどうか試されます。また経営や管理についてもある程度の知識が必要とされるので試験勉強をすることでITの全体的な学習をすることができます。スキルレベル1のITパスポート資格が、IT社会へのパスポートという意味であったのに対しスキルレベル2の情報処理試験はIT業界へのパスポートという資格の位置になります。同じ情報技術者試験のITパスポートと違うポイントは、プログラムに関する知識が求められることです。平成21年からは表計算も選択できるようになりましたが、データ構造、流れ図、アルゴリズムなどは出題されます。なのでこの試験に合格するためには、何かプログラミング言語を習得しておく必要があります。

基本情報処理者の試験は、IT業界に入るための出だしとしてとても認知されている資格です。そしてとても人気があり毎年の受験する人数は10万人を超えます。そしてこの資格は受験資格はなく短期の独学でも合格の確立が高いです。IT技術の普及により受験する人の数は増加の傾向にあります。

そして学校のカリキュラムに採用もされています。受験する人の平均年齢が低いというのもこの試験の特徴です。同じスキルレベル1のITパスポート試験と比較しても平均年齢は低めです。この理由として、高校、大学、専門学校のカリキュラムにも組み込まれていることや、就職活動でストロングポイントとしてアピールしたい人の受験が多いことがあります。教育に取り入れられているということからも基本情報処理者の試験の知名度やIT業界を目指している人たちからの信頼が伺えます。最後にもう一度、基本情報処理者の試験は、プログラマーだけでなくSEwebデザイナーなどあらゆるジャンルで必要とされる知識、技能を問われる試験です。そのため、情報学を学ぶ人々の最初の門がこの資格であるということです。

 

日の出ITスクールは2018年4月から開校致します。ご興味のある方はお問合せをお願い致します。

松井

Written by 

英語の先生です