幼稚園での遊び 日の出幼稚園

幼稚園での遊び 日の出幼稚園

幼稚園の醍醐味といえばなんといっても遊びですよね。よくあるママの疑問も交えて記事を書いていこうと思います。

ではまず、お迎えに行くと一人で遊んでいる子供が心配だという声がありますが、こちらは子供が不安解消をするための大事な過程だといわれています。園での生活に慣れてくると、興味を持ってくれたお友達から声をかけられますので気長に待ってあげたほうがいいでしょう。

では次に、お絵かきなどしかせず、お外で遊んでくれない。との声もよくあります。こちらは、実はチャンスで、その子が興味をもったことに没頭し、才能を開花させることにつながるまでの大切な一歩です。ただ、ほかにしたいことがなくお絵かきだけをしているのはまた別問題になります。

そして次に、お友達とおもちゃの取り合いなどして喧嘩をしないか心配との声もあります。こちらに関しては、喧嘩は人間関係を学ぶ機会だと思い、ほかの子供にけがをさせるようなことがなければ見守っていてあげたほうがいいかと思います。子供たちはほかの子とぶつかりあうことで、自分と違う意見を持った存在がいると学ぶことにつながります。子供たちの遊びに正解も不正解もありません。見ているだけで参加しない子供もいますが、それも見て学んでいるだけで問題はありません。そして大事なことは大人数で遊びをすることで、たがいに意見を出しあって一つの事を発展させていくというシチュエーションも大切です。複数の子供たちが関わりあい、一つのものをみんなで完成させるなど達成感の気持ちよさも学ぶことができますよね。また、遊びの中には失敗も挫折もあります。それも社会勉強として大事な要素なのです。

ではほかのママたちの声にも注目しましょう。女の子のグループが出来上がっていて、ほかのお友達を仲間にいれようとしない。こちらはいじわるでしているわけではなく、悪気はないので安心してくださいね。年中さんにあがり、だんだんグループでかたまるようになるのは自然の流れなのです。そして次は、勝ち負けにこだわる気持ちが強く、勝敗がはっきりするような遊びをしたがらない。こちらに関してですが、ルールのある遊びを通じて、負けても次があると教えるととても効果的ですし、その部分は子供が学ぶべきところです。負けて悔しいという気持ちが子供にあるということは順調に成長をしている証拠です。こちらは年中さんから年長さんにかけてしっかりと学ぶべき項目になります。

日の出幼稚園日本式の幼稚園です。年間行事など日本の幼稚園に出来るだけ近い環境下でお子様に過ごしていただけるようにしております。ご興味のある方はemailにてご相談お願い致します。

松井

Written by 

英語の先生です