幼稚園児の水筒 日の出幼稚園

幼稚園児の水筒 日の出幼稚園

Photo by kazuend on Unsplash

幼稚園にもっていく水筒にもストロータイプやコップタイプなど様々なものがありますよね。皆さんはどんな水筒をお子さんに持たせていますか?素材も容量や形もいろいろな水筒。どのタイプがわが子にとって便利か迷う方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、幼児にとって使いやすい水筒についてご紹介したいと思います。ストロータイプ、コップタイプ、どれが一番いいのでしょうか。どれぐらいの容量が必要なのか、保冷機能があるかなども見極めるポイントですね。入園に向けて水筒選びに悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

ではまずどんな種類があるのか。子供向けの水筒には様々な飲み口があり工夫がこらしてあります。

1つがストロータイプ

蓋がワンタッチで空くのが魅力です。こぼしづらくつくられているので、ふたを開けたりコップで飲むのが苦手な子供にお勧めです。

二つ目が直飲みタイプ

こちらもふたがワンタッチで空くものがほとんどです。簡単に飲めるのに加え洗いやすいという利点もあります。しかしながら水筒を持ち上げてまたもとに戻すときにこぼすことがないようにトレーニングが必要ですね。ペットボトルになれている子供なら難なく使いこなせると思います。

三つ目がコップタイプ

直接口をつけることがないので衛生面では安心です。コップで飲むので温かいものも安心してゆっくりと飲めます。ただし、ふたをかけてコップに自分で注ぐ必要があるため、慣れていないとこぼしてしまいますね。

4つ目が2WAYタイプ

ふたを付け替えることにより、直接飲むのとコップを使って飲むのと自由自在に変えることができます。直接飲む場合は熱いものをいれるとやけどの危険性があるので気を付けてくださいね。夏は直接飲んで、冬はコップを使って飲むといいかもしれません。

そのほかにも、ワンプッシュで飲み口が飛び出すタイプや、飲み口を起こして吸い込んで飲むタイプなど多種多様です。子供の成長に合わせて使う水筒を変えていくと子供にとって便利なのではと思います。まだ小さい子供が園にもっていく水筒なら軽量タイプが最適でしょう。

また素材にも種類があります。

一つはステンレス製

保温、保冷機能がついています。ものによっては保冷機能だけというものもあります。においがつきにくい。

二つ目はプラスチック製

保冷機能のみ。保温機能がないので真冬には向きません。本体が軽いので持ち運びしやすい。

とこんな感じです。

あまり真剣にならずに、子供のデザインの希望なんかも織り交ぜて楽しく水筒選びができたらそれが結局一番だと思います。

インドグルガオンにある日の出幼稚園では現在園児を募集しています。入園希望の方はemailにてご連絡ください。

 

 

 

 

松井

Written by 

英語の先生です