情報処理安全確保支援士 システム監査技術者 日の出ITスクール

情報処理安全確保支援士 システム監査技術者 日の出ITスクール

Photo by JC Gellidon on Unsplash

情報処理安全確保支援士とは、平成29年4月から新しく登場する情報セキュリティ関係の国家資格です。そして情報処理安全確保支援士は最新のセキュリティに関する知識や技能を備えた高度でかつ実践的な者に与えられる資格です。情報処理技術者試験とは兄弟関係にあり、IPA主催で、経済産業大臣が認定者に与える資格です。こちらはITセキュリティスペシャリストからの移行であるため、ITSSはそのままレベル4となっています。そして、レベル4の試験の中では珍しく春、秋二回試験が行われます。

平成25年10月に情報処理技術者試験の情報セキュリティの問題の出題率が増加することが発表され、基本情報技術者、応用情報技術者の午後問題において選択が必須になるなど国家レベルで情報セキュリティに力を入れているため、これから情報セキュリティ関係の資格は需要がどんどん増加すると思われます。情報セキュリティ安全確保支援士の略称はSCです。今現在の情報セキュリティの状態は、ITによって生活が豊かになっている反面、最近は不正アクセスによる個人情報の流出や、サイバー攻撃によるサービスの中断などがニュースで取り上げられることが増え、組織での情報セキュリティの態勢を強化しようという動きが高まっています。

特に、2020年は日本でオリンピックが開かれるため、企業や政府機関の情報セキュリティ力が問われる場面であります。またシステム監査技術者試験とは、情報処理技術者試験の最高峰であるといわれています。情報システム分野には、開発、計画、運用、保守などありとあらゆる分野が存在します。この試験は、弁護士や税理士など非情報系分野の監査担当者向けの情報処理系の知識や見識もあるということを証明する際に物差しとなるものです。そのため、弁護士や公認会計士など経営系の監査業務を主とする職種で情報処理分野の知識確認をするために受験する人もいます。企業や派遣アルバイトですとこの資格を取るために手当が出る場合もあります。そしてこちらは応用技術者試験を合格していれば午前Iの試験を免除にできます。ただ世の中豊かになればいいわけではなく、ITを使って便利になることで、その技術を利用して悪いことをしようという人が少なからず現れるということですね。

日の出ITスクールではそんなプロフェッショナルを育てるために2018年4月からありとあらゆるニーズに対応したコースを取り揃え、皆様の夢をかなえるためにスタート致します。

ご入学のお問い合わせはemailにてお願い致します。

 

 

松井

Written by 

英語の先生です