Accessビジネスデータベース技能認定試験 日の出ITスクール

Accessビジネスデータベース技能認定試験 日の出ITスクール

Photo by Markus Petritz on Unsplash

Microsoft accessを用いるデータベースシステムを構築するスキルと、データベースに関してのビジネスにおいての実務能力を認定する為の検定試験です。この先accessを勉強したい方は一番簡単なレベルの3級からスタートすると基礎的な部分の理解が深まります。今の段階で、おおよそ80000人が受験をしています。そして合格率は約80%です。沢山のデータやカスタマー管理、集計を行うのに役に立つ事務作業には必須のソフトで、個人や企業などをカスタマーとして相手にしている企業では大体が導入しているソフトです。

この資格を所持していることは、就職活動の際にも大きな武器となります。求人の募集要項には明記されていないことが多いですが、事務仕事をしたいと考える方は、レジュメにaccessの資格を書くことで、きっと一目置かれる存在となるでしょう。就職活動や転職活動でアドバンテージになる選択肢として、accessの資格の取得は大きな利益となります。Accessを扱える人材として主に挙げられる要素としては、accessを使いビジネス社会においてハイレベルなデータプロセスを行うことができる人。同時にPC,データベース、ビジネス帳票に関してのハイレベルな実用的、実践的スキルを駆使して業務処理を効率化することができる人などがあります。基礎基本である、テーブル、クエリ、フォーム、レポートに関しての知識や使い方を熟知しているのはもちろんのこと、各レコードの操作方法も知っていることが前提です。

PCの資格は、新しくできた資格の方が価値が高く、就職活動、転職活動においても重視されているので、これからITの資格を取りたいという方は、新しく改定された資格や、新しくできた資格に注目するといいでしょう。

Accessは、カスタマー情報管理の為に、多くの企業で採用されていて、実用的なソフトとして脚光を浴びています。しかしながら、完璧に使いこなせる人材がなかなかいないのも実情で、取得をして就職活動に臨むと、他の人とは違うアドバンテージとなる資格としてPC技術をアピールすることができるでしょう。就職活動、転職活動を考えている人々には大人気の資格です。

勉強の仕方としては、初心者の場合、まず初めに覚えなければいけないことは、データベースの理屈です。それをマスターしてから、使用技術の勉強をし、試験対策をしていくとよりスムーズでしょう。

日の出ITスクールでもaccessの資格に対応したクラスを用意しております。入校希望の方はメールにてお問合せください。

 

松井

Written by 

英語の先生です