日本語教育

日本語教育なら日の出ファウンデーション

日本語を学ぶインド人の割合は年々増加傾向にあります。しかし多くの学生は資格を持っていても会話ができないのが現状です。そこで弊社では2017年4月より教育方針を一新し、試験合格のためではなく使える日本語の習得に向けた教育指導を行いました。その結果、昨年度の生徒は全体の90%以上が日系企業に就職し弊社で身に付けた日本語やビジネスマナーを実生活で生かしています。

目的別育成

日本語を学ぶ目的は留学・就職・技能実習…など実に様々です。目的が異なれば教育内容も異なります。弊社では何故日本語を学びたいのか、その目的に着目して日本人教師が授業を実施しています。特に就職や技能実習においては、入国後に生徒が籍を置く職種に合わせて専門用語や、業界用語の教育も授業に取り入れ、双方が安心して生活するために尽力しています。

なぜ日本語教育なのか

近年、日印関係は良好傾向にあり、親日感情を抱くインド人は少なくありません。その中で両国の現状を見てみると、日本は少子高齢化による深刻な人材不足に直面しており、インドでは人口増加による就職困難の問題があります。この相対する問題の解決には両国の協力が不可欠です。また、2020年の東京オリンピック・パラリンピックでは日本人の英語力が懸念されております。インド人は英語が堪能であり、今後の日本での需要は更に高まります。多文化共生が叫ばれる今だからこそ、日本語やマナー教育を受けたインド人が両国に必要なのです。

日本語学校の生徒たち

弊社の日本語学校で教育を受けた生徒たちの卒業後は様々です。2017年には日系企業に就職する生徒が全体数の90%以上を占めました。弊社は今後、外国人技能実習制度の送出機関としてインド政府に認定される予定です。それにより生徒たちの選択肢の幅は更に広がります。弊社で日本語教育を受ける生徒たちには、業種別で使われる日常会話やビジネスマナーなどを事前指導し、卒業後の生徒たちが更に彩り豊かな人生を送れる授業を行っていきます。

日本語能力試験における料金表

下記の料金表は進学及び留学を目的とした講座ではありません。弊社を送出機関とした日本での雇用または一部のインド在日系企業での雇用が入校の前提条件です。

 

JLPT levelTotal study hoursWeeksFee
N52009 weeks72,000 yen
N435016 weeks99,750 yen
N350023 weeks128,250 yen
N270032 weeks230,160 yen
N1100046 weeks469,840 yen

*1日50分の授業を5コマ、月~金まで行います(祝日除く)

*授業内容によって時間の変動があります

 

日の出ファウンデーションの日本語教育にご興味がある方はお気軽に下記メールアドレスにご連絡ください。info@hinodegroup.com