介護

 介護職で働けるインド人を育成 

日本の介護現場・介護スクール等にインド人を紹介・派遣します!

まずは業務提携のご相談をお気軽にどうぞ


日の出介護・日本語スクールの3つの特徴

ポイント1 日本人に近いインド人学生

インドの中でも最も日本人に近いと言われるインド北部ウッタラーカンド出身の学生たちが学んでいます。

ウッタラーカンドはデリーから350km離れたインド北部にあり、ヒマラヤが近くとても美しい地域になります。

顔立ちがとても日本人に近いため、介護現場に立った時、お客様からの抵抗感をあまり感じることなく勤務にあたることができます。

ポイント2 日本語を習得しながら介護を学ぶ

主専攻または副専攻として日本語を学んでいる学生が対象となっております。

学生たちはJLPT(日本語能力試験)N3レベル(日常的な場面で使われる日本語をある程度理解することができる)の習得を同時に目指します。

日本語の読み書き・スピーキングだけではなく、日本の文化も授業の中で学ぶため、日本人の働き方や考え方等を理解したうえでスムーズに日本社会に溶け込めるように教育されます。

ポイント3 日本人講師による指導

日本の介護現場で経験を積んだ日本人講師が直接学生たちを指導します。

使える知識を身につけることができます。


進学・就職について

学生たちは大学で、介護の基礎知識を1年を通して身につけます。

その後、日本の学校への留学、そして日本での就職を目指します。

 

将来の就職について

  • 介護福祉士
  • ケアマネージャー
  • 認定介護福祉士
  • その他

学ぶことの一例です

●福祉経営論
●福祉行財政と福祉計画論
●更生保護論
●就労支援サービス論
●社会福祉現場実習指導
●社会福祉現場実習
●精神保健福祉の理論と相談援助の展開ⅡA
●精神保健福祉の理論と相談援助の展開ⅡB
●精神保健福祉援助演習(専門)A
●精神保健福祉援助演習(専門)B
●精神保健福祉援助実習指導ⅡA
●精神保健福祉援助実習指導ⅡB
●精神保健福祉援助実習A
●精神保健福祉援助実習B
●ソーシャルワーク実習指導
●スクールSSW
●介護過程ⅢA
●介護過程ⅢB
●介護総合演習Ⅲ
●介護実習Ⅲ
●社会福祉総合演習(福祉専門)
●社会福祉総合演習(福祉共通)
●社会福祉総合演習(精神)
●社会福祉総合演習(介護)

日の出介護・日本語スクールの業務内容

日本語集中コース
日本では、外国籍の方が学校に入学する際には、最低でも日本語検定2級の資格を取得している必要があります。その為に、N2の取得に向けて、二年間集中授業を行います。
日本の介護スクールとの提携
日本の介護スクールとの提携により、介護の知識を身に付けた後、就職活動を手厚く支援していきます。
人材派遣会社との提携
日本の人材派遣会社との提携により、スムーズで有利な条件での介護就職を斡旋致します。

参考:http://www.keishin-group.jp/keishin_fr/kyouiku/report8.pdf


お問い合わせ

件名:

お名前:

メール:

お住いの国:

ファイル添付 
※対応ファイル:PDF,Word,Excel,png,jpg 拡張子:pdf,jpg,png,doc,.docx,xls,xlsx 容量:5MB以内

※お客さまのお声を真摯に受け止め、さらなる改善に努めさせていただきます