なぜ日本文化は海外で人気なの? 日の出ファウンデーション

なぜ日本文化は海外で人気なの? 日の出ファウンデーション   日本の文化ははるか昔から愛され続けていて、19世紀半ばから20世紀初頭にかけ、印象派の画家たちも、アール・ヌーヴォーの工芸家たちも、ファッション・デザイナーも、そして市井の人々も、誰もがみな、日本の文物にぞっこんだったそうです。写実性に重点を置いていた欧米の画家たちは、浮世絵をはじめとする日本の絵の豊かな色彩、自由な構図にも衝撃を受け、さらに草木や昆虫など小さな動植物をモチーフにする感性にも驚いたそうです。 そして現代で注目されているものの一つに日本の式典があり、成人を祝う儀式というのは世界中に存在していますが、日本ほど豪華で美しいものは珍しいため、海外からは多くの感動の声が寄せられているそうです。 Photo by Oskar Vertetics on Unsplash また、日本人の思いやりの心にも注目が集まっています。サッカー日本代表サポーターの海外での行動。コートジボワールとの試合の後、日本のファンがスタジアムでゴミを片付けたり、ゴミ箱が次に回収される時、職員が容易に捨てられるよう日本のサポーターはスタンド裏にきちんとゴミ袋を積み上げて去ったり、サッカー界からかなりの賞賛を得たそうです。 そして日本は美食の国でもあり、2007年に初めて東京のレストランガイドを発行したミシュランは、本家のパリよりも多くの星を東京に付与しました。当時の編集責任者ジャンリュック・ナレ氏は世界の美食の中心として群を抜いていると東京を絶賛したそうです。そして、日本の定番のお酒も世界で人気があるそうです。三和酒類のリキュール、いいちこバーフルーツゆずが、米国・サンフランシスコで開催された世界的な酒類コンペティション、サンフランシスコ・ワールド・スピリッツ・コンペティションで、最優秀金賞の、ダブルゴールドメダルを受賞したこともあります。 そして日本人は秩序を保つことを重んじる国民性ということもあり、日本人は世界で最も厳しい条件の国土で生き抜き、米国に並ぶ経済レベルを達成できたのだとたたえる声も世界から伝えられているそうです。東日本大震災の時も、反日国であるはずの中国が、中国紙、環球時報で、日本人の冷静さに世界が感心との見出しで報じるほどだそうです。 そして日本製品のクオリティーにも感動の声があがっています。揺るぎない日本製品は高品質イメージ が浸透しており、日本から連想するモノやサービスは、デジタル製品、家電/AV製品、自家用車、アニメ/漫画が5割以上で、メイド インジャパン志向が強い製品は耐久財と化粧品、メイド インジャパン志向が強い都市は香港、台北、シンガポール、ソウルとたくさんの国から愛され、意外と知られていないおもしろいメイドインジャパン製品の魅力として綿棒があげられるそうです。化粧直しの時アメリカ製なら3,4本必要とするところをメイドインジャパンなら1本で解決してしまうそうです。そしてなによりも日本は犯罪が少ない。銃による死亡者が世界的にみても稀中の稀というレベルです。 日本の魅力はおもしろさや楽しさ、時には生真面目さがでていていいですよね。そんな日本からインドにいらしている皆さん、日の出は日本人スタッフが皆様のインド滞在のお手伝いをします。ITスクール、幼稚園、学習塾、英語留学などの教育施設を運営しております。ご興味があるかたはお気軽にemailにてご連絡ください。