ハノイの塔 日の出ITスクール

ハノイの塔 日の出ITスクール Photo by Mohit Gupta on Unsplash 再帰呼び出しを行うために有名なハノイの塔を今日はご紹介いたします。C言語の習得において最難関である再帰呼び出し。本気で再帰を修得したいかたにはハノイの塔というアルゴリズム法が有効です。 ではハノイの塔のルールをお伝えします。まず地面に3本の棒を立てます。そしてそれを左からA,B,Cと呼びます。棒Aには何枚か穴の開いた円盤を重ねておきます。円盤のサイズはそれぞれ異なったものを使い、大きい円盤の上に小さい円盤を乗せます。パズルの内容は、棒Aにある円盤を棒Cにすべて移動させるということが目的です。簡単なように思えますが、これにはルールがあります。ルール1、一つだけ円盤を移動させる。ルール2、小さい円盤の上に大きい円盤は置いてはいけない。ルール3、棒A、棒B、棒C以外の場所に円盤をおいてはいけない。 では再帰理解するコツをご紹介いたします。再帰は処理の流れを追うのが非常に困難です。For文みたいにループが一周するたびに制御変数の変化を考えて、処理を理解する方法をしません。そもそも、再帰の利点は繰り返し処理をスマートに記述することで、人間のおおまかな考えをプログラムに置き換えられるというところです。細かいことを考えてしまうのはナンセンスなんです。再帰を理解するのに必要なことは、イメージをつかむことなのです。途中経過はブラックボックスのままでいいです。どういう処理を繰り返したいのかということを考えればいいのです。 そしてハノイの塔の起源はというと、フランスの数学者エデュアール・リュカが1883年に発売したハノイの塔がルーツです。そしてその内容はこちらです。インドのバラナシにあるガンジス川の岬に、世界の中心を表す巨大な寺院があります。そこには青銅の板の上に、長さが1キュビット、太さが蜂の身体程の三本のダイヤモンドの針が立てられている。そのうちの一本には天地創造の時に神様が64枚の純金の円盤を大きいものから順にさしていった。これがブラフマンの塔である。司祭たちはそこで、昼夜を通して円盤をべつの 棒に差し替えている。そしてすべての円盤の移し替えが終わった時に世界は崩壊し、終わりを迎える。 というものです。IT大国であるインドがベースになった物語です。非常に不思議な物語ですよね。バラナシはガンジス川の下流のある聖なる地で、旅行者はまず訪れるべき地です。 日の出ファウンデーションでもITスクールを2018年4月から開校致します。ご興味のあるかたは是非emailにてお問合せください。