塾の先生ってどんな人が務めるの? 市進日の出学習塾

塾の先生ってどんな人が務めるの? 市進日の出学習塾 Photo by Element5 Digital on Unsplash まさしく塾の先生は学習の頼れるスペシャリストです。豊富な知識を持っているのは当たり前ですが、それに加えてコミュニケーション能力も必要とされます。なので、だれでも塾の先生になれるわけではありません。教員免許をもっているとは限らないところが学校の先生とは違いますが、学力は同等レベルと言われているそうです。教育学部を出ていない先生もいますが、かえって大学で教えられたマニュアル通り授業をこなすよりも、塾の先生のほうが個性がでやすく楽しい授業になります。また塾の先生は相談を受け付けたり、個別面談を実施したりなどで割と距離が近いと感じられるでしょう。担任の先生がしっかりとクラスの生徒の面倒をみるというのが特徴です。市進日の出学習塾では山内講師という日本の学習塾経の豊富なベテランの日本人講師が教室長をしており、学習塾の責任者です。学習塾についての説明会が行われる際も、山内講師からの詳細な説明があります。 そして皆さんチューターという存在をご存知でしょうか。チューターは先生と生徒の橋渡しをする役割で、どの塾にもいます。市進日の出学習塾でもこのチューターという役割が保護者と先生との信頼関係をつくる大事な存在となっています。こうしてそれぞれの塾スタッフをうまく配置することで、よい学習塾、よい環境、よい信頼関係をつくりあげていきます。 ではそれぞれの先生には役割があると分かったところで、どのように保護者からの視点で活用していくかを考えていきましょう。もちろん授業内容でわからないところがあれば質問するというのは遠慮はいりません。学校の定期テスト対策の相談ですとか、とにかく勉強の仕方を教えてもらうといいでしょう。勉強の仕方については保護者様や学校の先生だけではカバーしきれない部分がどうしてもでてきてしまいます。なのでこちらを活用しない手はないです。また、先生方は広い視野を持っていますから一般の中学校、高校の進学だけにとどまらず、様々な将来の選択肢を提示します。塾講師は親身になって相談に乗ってくれます。さらに生活習慣などのことについても成績に影響がでるため指導をします。学校の先生や保護者様に相談できないようなことも相談できる存在が塾講師なのです。 市進日の出学習塾はおかげ様で、たくさんの生徒さんにご利用いただいております。また経験豊富なベテラン講師陣が指導していることもあり、保護者様からお喜びの声を頂いております。 入塾希望のかたがいらっしゃいましたらご遠慮なくemailにてお問合せください。