塾の効果 市進日の出学習塾

塾の効果 市進日の出学習塾 Photo by Celia Ortega on Unsplash 今回の記事では、みんながどんな塾に通っているのか、家庭での学習時間はどれくらいなのか考えていきたいと思います。 では最初に塾通いの実態について迫ってみましょう。塾に通い始めるタイミングですが、学年別でいてみると、小学校4年生から通い始める人が増えて、高校受験を控えた中学3年生でどっと通う人数が増え、そのパーセンテージは55%に及びます。 塾にはいろいろと種類があります。有名中学、高校に入るための進学塾や、授業の中で分からなかったことを補習する補習塾などです。また補習クラスも進学クラスもどちらのクラスも兼ね備えた混合型の塾も存在します。 では全体的にみてどのタイプの塾に通う人が多いのか見ていきましょう。中学受験の場合では小学校3年生まで学校の内容を補習する補習塾で、4年生から6年生にかけて進学塾にかよって準備を整えるそうです。また、混合型の塾へ通うのは、圧倒的に中学生が多いようです。その理由として、学校の授業内容を補習しながら高校の受験対策もしていかなければならないためです。 では塾に対する満足度についても考えていきましょう。皆さんが通っている塾ではどんなところにいいポイントがあるのでしょうか。 学校の授業のカバーにとどまらず、クラス全体のレベルが高いと思えばさらにレベルアップした内容を盛り込んだり、理解度がいまいちだと感じた時には授業後に質問の時間を設けたり生徒が理解するまで講師がつきあってくれる。 また学期末には保護者面談を設け、なにか問題があれば解決するまで時間を延長してくれる。 わからないところはすぐに対応をし、補講も行ったり、練習問題を特別に用意してくれる。 同じレベルの子でクラスを作り、無理なく競わせてくれる。 少人数制で分からないところの質問をしやすい。 全体をみると、講師が生徒1人1人を気にかけ、それぞれにあった対策をとってくれているという講師の姿勢に人気が集まるようです。そんな講師の指導によって、もしつまづいているところがあれば戻ってでもそこをどうにかしようと努力してもらえますよね。また、テスト前にはそれぞれの学校のテスト範囲に合わせた試験対策授業をおこなってくれる講師のおかげで成績がグンと上がったと実感があった方もいるようです。   市進日の出学習塾でも生徒1人1人の学習能力を見極め、わからないところは講師と一緒に改善していくというスタイルをとっています。 インドグルガオンにある市進日の出学習塾に入塾希望の方はemailにてご連絡ください。    

教え方の上手な塾講師 そうでない塾講師 市進日の出学習塾

教え方の上手な塾講師 そうでない塾講師 市進日の出学習塾 Photo by Tra Nguyen on Unsplash 子供を塾に通わせるときに保護者の方が心配する要素として、塾講師のクオリティーがあります。塾講師といえど集団塾と個別塾があるためそれぞれにあった先生というのはまた変わってきます。塾講師は基本的に勉強が得意な人が集まるそうです。よって教える、教えられる立場において理解度に差があるのは当たり前です。 階段で例えると、講師は3段飛ばしで登れるのに対して生徒は1段づつしか登ることができません。問題を解く際にはあらゆる段階を経て答えを導きだしますが、そのどのステップで生徒が躓いているのか気づき、その部分をカバーしてあげられる先生がわかりやすく優秀な先生になります。 見分け方としては保護者は実際に授業に参加できるわけではないので子供を通して講師を判断するしかありません。それを確かめる一つの方法として、授業のスピードが速くないかと確かめることができます。生徒が速いと感じているということは、生徒が置き去りになって授業が進んでいる可能性があるからです。 そしてもう一つは質問をたくさんされているかということです。これはなぜかというと、質問が多い分生徒は頭を使う時間が授業の中で多いということになるからです。質問形式の授業は子供に考えさせるうえで非常に重要な要素になります。特に個別指導塾では教え方が上手な教師とそうでない教師のムラが激しいそうです。その対策として、塾講師指導の管理システムが導入されているか否かに焦点をあてるのもいいかと思います。 市進日の出学習塾では受験から生活習慣に至るまで、お子様の潤滑な成長を支えるために様々なアドバイスをしています。おかげ様で多くの生徒が勉強をするために毎日足を運んでくれています。市進日の出学習塾の生徒は非常に生き生きとしており、授業中も一生懸命勉強に取り組み、時には楽しそうな笑い声も聞こえます。海外で塾に通って、日本に帰国したときに、日本の子供たちの学力と同じ水準で勉強をこなしていけるのかと心配される保護者様がいらっしゃいますが、経験豊富な日本人講師、テキスト、環境を備えているため心配される必要はありません。 日本にある市進塾からは毎年有名中学校、高校に進学する生徒が多数います。また、インドグルガオンの市進日の出学習塾も例外なく生徒も有名中学・高校への進学を果たしています。 市進日の出学習塾に入塾希望のかたは、emailにてお問い合わせください。      

最適な塾の選び方 個別指導塾編 市進日の出学習塾

最適な塾の選び方 個別指導塾編 市進日の出学習塾 Photo by Peter Hershey on Unsplash 個別塾(少人数)の多くは個々のレベルに合わせて授業をすすめていくという形をとっています。だいたい先生一人に対し生徒は二、三人です。メリットとしては、まず質問がしやすいということ。先生が生徒を教えている間は一対一なのでわからないところはわからないとはっきり言えます。そして効率よく学習ができます。考える時間がその子のために十分に与えられ、できた時に合わせて先生がみてくれるので円滑に学習をすすめることができます。そしてデメリットとしては、先生に教えてもらえる時間は全体の3分の1から半分程度であることです。一対二の授業であれば80分の半分で40分しか自分の時間が与えられません。そして担当の先生の当たりはずれもあるのでここは運しだいです。またその子供にさぼり癖があればせっかく与えられた問題を解く時間はただの休憩時間になってしまいます。 ではどのような子に適しているのでしょうか。まず学校の授業についていけていない人にはお勧めです。そして消極的でマイペースな子。成績を上げたいと思うやる気のある子。では無駄になる子はどうでしょうか。やる気、意欲、学習習慣がない子。学校のテストで最下位を争うレベルである子。宿題、提出物を出さない子です。やはり月謝は集団学習塾に比べると高い傾向にあるので、子供のやる気があるかないかで通わせるのか考えたほうがいいかと思います。 では個別指導塾(マンツーマン)はどうでしょうか。こちらメリットは躓いてる単元から始めることが可能であるのでウィークポイントをしっかりとカバーできますね。1対複数人とは違いその子が学習をしている最中常に先生の目があるので、先生側もどのようなクセのある子なのか見抜くことができます。そして質の高い授業をしっかりとうけることができます。これはそのまま1時間の授業であれば、1時間がその生徒だけの時間ということです。また人見知りの子でも対1なので徐々に慣れてくることが期待できます。そして基本的には先生が変わることは少ないので、安心できる環境で長い時間学習することが可能です。かつほとんどのマンツーマンの塾には自習室があるためそこで個人的に学習し、わからないところは手の空いている先生にいつでも相談できるというかなりの好待遇なのです。そしてデメリットをあげると授業料が集団塾に比べて高額だということ。しかし家庭教師よりは安いです。また担当になる先生に当たりはずれがあります。そして授業で行われていない科目は置き去りになってしまうということがありえます。授業料が高めであるため、授業科目以外は置き去りになりがちです。では適する子はどんな子か。学力が成績優秀者か最下位あたりの子。人見知りが激しい子。宿題をしない子です。適さない子は引きこもりや不登校でない限りなかなかいないと思われます。以上を踏まえてお子さんのために最適な塾を一度改めて考えたほうがいいかと思います。そのためには塾の特徴とお子さんの性格をしっかりと理解したほうがいいです。子供の性格を見極めて、塾代が無駄にならないようにお気を付けください。 インドグルガオンの市進日の出学習塾ではそれぞれのお子様のニーズに合わせ、様々な授業形態をとることが可能です。ご興味のあるかた、入塾希望のかた、ご要望などございましたら、ご遠慮なくemailにてお問合せください。

最適な塾の選び方 集団塾編 市進日の出学習塾

最適な塾の選び方 集団塾編 市進日の出学習塾 Photo by Celia Ortega on Unsplash 皆さんは塾ときいてどのようなことを思い浮かべますか?受験、学習習慣、習い事の1つと思われる方がいると思います。しかし、塾に求めるものは学力向上です。塾に通い始めて成績が上がったという声もよくききますが、同じ時間塾で勉強させてもほかの塾で勉強をしている子供と差ができていたということが起きていたら?それは塾と子供があっていない可能性があります。塾選びには子供の性格と塾の学習スタイルの相性の良さを確かめたほうが無難で、そうでもしないとただただ高い月謝をつぎ込むだけになってしまうかもしれません。 塾には様々な種類があり、一つが集団塾で、一昔前までは集団塾が主流でした。1年をとおしてカリキュラムが決まっていますので、ついていけるかは生徒次第ということになります。メリットとしては、授業料が安価であることです。こちら安い授業料で5科目対応しているところも少なくありません。そして、一緒に学習して成長していく仲間がいること。授業ごとにテストでの順位を張り出すことでやる気がわきますよね。デメリットとしては、平均点以下の生徒は授業で置いてきぼりになること。学校の授業についていけないからわざわざ塾に入ったけれどさらについていけなくなり、勉強嫌いになってしまうというパターンがあります。そして消極的な子供はわからないことを素直に伝えられないためわからないまま過ごしてしまうということ。集団の中でなかなか手を挙げて質問するのは勇気がいりますよね。また中途半端な時期に入るとわからない内容からである可能性がある。これは塾によりますが、途中入塾の場合はその単元まで予習を強いられるため、子供にとってつらいスタートになってしまうかもしれません。そしてこの集団学習に適している子は、競争心があり負けず嫌いな子、ある程度の学力がある子、学習習慣が身についている子となります。では逆に無駄になる子ですが、学校の授業についていけていない子、消極的でありマイペースな子、宿題以外の勉強をせず、提出物ですら出せていない子です。塾選びは授業料の安さだけできめるのではなく、その子にあった方法で学習させるべきでしょう。 市進日の出学習塾では生活習慣の中に、勉強をとりいれるコツや、いざ勉強をするとなった時にどのように勉強をしていったほうがいいのかなどノウハウを教えることを大事にいています。インドグルガオンでの塾では日本人のプロの塾講師が皆様の進学をお手伝いします。ご興味のある方はぜひemailにてご相談ください。

日の出学習塾、インドでの学習塾についてのよくある疑問

日の出学習塾、インドでの学習塾についてのよくある疑問 1.  帰国した際に学校生活にスムーズに適応できるのか 日の出の学習塾にはたくさんの日本人生徒が通っています。共通語も日本語で、日本の塾のクラスルームと変わりのない環境で勉強をしています。先生も日本の塾講師が授業をしているため、カリキュラムも教材も日本のものを使用しております。   2.  海外で中学受験対策をするのは難しいのか 本校と提携をしているのは日本で実績のある市進学院です。日本でも塾講師経験のある先生が指導しているので中学受験対策もお任せください。受験対策のカリキュラムと教材も豊富に用意されています。   3.  帰国生入試枠には、英語ができないと受験できないのか 帰国生入試受験者の条件は海外在住2年以上で帰国後1年以内という学校が大部分です。その条件を満たしていれば受験は可能です。また中学受験に関しては英語が試験科目にない学校も多々あります。しかし高校受験の場合は英語の科目は必須です。帰国生は帰国生入試と一般入試どちらの機会も利用できます。   4.  難関国私立高校は学校の授業をうけているだけでは合格が不可能か 難関国私立高校や一部の公立高校では、独自で試験問題を作成しているため、学校の授業だけの対策では不十分です。塾ではその学校ごとの対策ができるため、しっかりと準備をするために通うことが求められます。   5.  海外の日本人学校はレベルが高くいい成績をとることは大変か 日本の公立小中学校に比べると日本人学校はレベルが高いです。しかし日本人学校もまた絶対評価で個人の成績が左右されるので一概に取りづらいとは言えません。基本的なことである、授業にしっかり取り組み、定期テストで点数をとればいい成績をとれます。日の出塾ではテスト前に対策授業を行います。   6.  日本の模試を受験していないため子供の客観的な学力がわからない 日の出の学習塾では日本で定期的に行われる模試に参加ができるシステムです。そのためお子様の具体的な学力のデータを得ることができます。受験学年の生徒さんには外部模試をうけていただき、そのデータに基づいて進路を決めていきます。 日の出学習塾の強み 1.クラスの人数が少なく、質問が個別指導で受けられる 2.で、進路相談ができる 3.経験豊かな受験指導のプロが、受験のための対策・指導を行う。 4.マンスリーテストを日本と同時期に受け、習熟レベルを日本の生徒と比較できる 5.生徒のレベルが高く授業への取組みが真面目である   日の出学習塾に興味を持たれた方はこちらからお問合せください。 info@www.hinodegroup.com

日の出ファウンデーション学習塾

日の出ファウンデーション学習塾 日の出は創業50年を迎えた市進塾と提携をし、インド、グルガオンで、日本人駐在員の方々を対象に学習塾を運営しています。   当塾は市進塾の教育方針、カリキュラムにのっとり授業展開をしています。 そんな市進塾の紹介を少しさせていただきます。 市進教育グループは、小・中学生向け学習塾「市進学院」、現役高校生向け「市進予備校」、個別指導「個太郎塾」、家庭教師派遣「プロ家庭教師ウイング」、Web授業「ウイングネット」、小学受験・幼児教育「桐杏学園」、茨城県内塾「茨進ゼミナール」「茨進ハイスクール」などの教育事業を行っています。 また、「教育」をキーワードに、幼児から社会人まで対象年齢層を拡大する“垂直展開”、日本語学校・高齢者向けサービス事業など業態の拡大を行う“水平展開”を積極的に推進し、「教育」に軸足を置いた多角化を行う「総合教育サービス」企業グループとしての道を歩んでいます。 市進教育グループは、次世代に残せる大きな財産、教育に貢献して50年。常に「教育水準の向上」を目指して教育事業を展開してきました。教育の原点である、受講生と教師の「心の触れあい」にウエイトを置いた「めんどうみ主義」、大学受験生には「両立学習」「現役主義」をモットーに、熱く、きめ細かな指導を実践しています。 市進学院は、市進教育グループのひとつであり、首都圏を中心に拠点数約450、生徒数約41,000名(グループ合計)を有する学習塾です。創業50年を迎え首都圏を中心に、長きに渡って蓄積してきたノウハウや膨大なコンテンツを使って、様々なニーズにお応えし、個々の生徒さんの力を伸ばしていきます。   2018年度 主な首都圏の有名中学合格実績はこちら! 青山学院中 6人  市川中 125名  茨城中 107名  開智中 130名 常総学院中 216名  千葉大付中 18名  東京農大一中 11名 法政大学中 7名  法政大二中 8名  明大明治中 11名  横国大横浜中 3名 早実中 7名  開成中 15名  筑波大駒場中 2名  明大中野中 12名 早稲田中 11名   主な有名高校合格実績はこちら! 青山学院高 12名  お茶の水女子高 4名 開成高 6名 慶応義塾高 6名 筑波大付属校 11名 東工大付属高 13名 東京農大一高 11名 法政大学高 10名 明大明治高 6名 早稲田実業高 6名 早稲田大学院高 21名 インドグルガオン教室での指導についてご紹介します! 学習、進路両面で日本にいるのと同様の教育環境の提供をします。 学習面では、集団授業、個別授業、映像授業があり、その中からお客様に選択していただき学習指導をしています。 厳しい研修を経たプロ教師による集団授業と、北海道から沖縄まで全国1,500の加盟校に配信している一流講師による映像授業で、無駄のない効率的な学習をします。 進路指導においても、グループの情報網をフルに活用し、本当に必要で的確な情報をリアルタイムで提供していきます。   日の出学習塾に興味を持った方はこちらにお気軽にお問い合わせください! info@www.hinodegroup.com