情報検定J検 日の出ITスクール

情報検定J検 日の出ITスクール Photo by Nick Morrison on Unsplash J検とは、情報を扱う人材に必要とされるITC能力を客観的基準で評価する文部科学省後援の検定試験です。難易度としては、1級はやや簡単、2、3級は簡単な試験です。知名度は高いけれど、この資格だけで就職は厳しいようです。J検は幅広い年齢層の男女で情報系に興味がある人に受けてもらいたい資格です。 J検の内容を紹介します。情報システム試験は基本スキル科目において、ソフトウェア開発の基盤となる情報の表現、ハードウェア、基本ソフトウェアに関する基礎的知識、プログラミングスキル科目では、プログラミングする能力、システムデザイン科目では、実際のシステム開発技術やそのために必要なネットワーク技術、データべース技術、またセキュリティ標準化に関する知識が必要です。この資格の主催は、一般財団法人職業教育キャリア教育財団で、J検を管理運営する経済産業省所管の団体です。今現在、産業や教育、文化など様々な分野で情報のテクノロジー化が急速に進む中、情報全般を広い範囲で扱う専門家の必要性が拡大しています。 J検の受け方についてですが、J検には指定された試験会場でのペーパー方式とコンピューターに接続して受験するCBT方式と2つあります。平成28年度の合格率は、情報システム試験ですと各科目とも40~45%情報活用試験は、2級と3級は80%越えで1級に関しては35%ほどでした。合格発表は、ペーパー方式が各試験実施日から3週間後で、CBT方式は、各試験実施日から2、3日後に検定試験HPの合否結果システムで発表されます。広く知られた資格ですがこれだけで一定の収入を得ることは容易ではないようです。IT資格の入門的な扱いでパソコンを初歩から学びたい人や、ほかの上級資格を目指す一歩として社会人はもちろんですが、中学生から大学生まで広い世代が受験しているようです。 IT化が進む現代では、子供のころからコンピューターを扱う機会が非常に多いと思います。なので今の子供たちにとってIT業界への就職は有利であると考えます。もし将来ITの資格取得を目指すのであればこの資格は情報関連の資格の中では、初歩的なものなのでこの資格を主要とした独立は難しいと思います。 日の出ITスクールではITパスポートの資格を取るためのコースがあります。この資格は国家資格ですが、ITの入門知識を確かめる資格なのでそんなに難易度は高くありません。 日の出ITスクールで資格取得を目指したいと思われた方はemailにてご連絡ください。