塾の効果 市進日の出学習塾

塾の効果 市進日の出学習塾 Photo by Celia Ortega on Unsplash 今回の記事では、みんながどんな塾に通っているのか、家庭での学習時間はどれくらいなのか考えていきたいと思います。 では最初に塾通いの実態について迫ってみましょう。塾に通い始めるタイミングですが、学年別でいてみると、小学校4年生から通い始める人が増えて、高校受験を控えた中学3年生でどっと通う人数が増え、そのパーセンテージは55%に及びます。 塾にはいろいろと種類があります。有名中学、高校に入るための進学塾や、授業の中で分からなかったことを補習する補習塾などです。また補習クラスも進学クラスもどちらのクラスも兼ね備えた混合型の塾も存在します。 では全体的にみてどのタイプの塾に通う人が多いのか見ていきましょう。中学受験の場合では小学校3年生まで学校の内容を補習する補習塾で、4年生から6年生にかけて進学塾にかよって準備を整えるそうです。また、混合型の塾へ通うのは、圧倒的に中学生が多いようです。その理由として、学校の授業内容を補習しながら高校の受験対策もしていかなければならないためです。 では塾に対する満足度についても考えていきましょう。皆さんが通っている塾ではどんなところにいいポイントがあるのでしょうか。 学校の授業のカバーにとどまらず、クラス全体のレベルが高いと思えばさらにレベルアップした内容を盛り込んだり、理解度がいまいちだと感じた時には授業後に質問の時間を設けたり生徒が理解するまで講師がつきあってくれる。 また学期末には保護者面談を設け、なにか問題があれば解決するまで時間を延長してくれる。 わからないところはすぐに対応をし、補講も行ったり、練習問題を特別に用意してくれる。 同じレベルの子でクラスを作り、無理なく競わせてくれる。 少人数制で分からないところの質問をしやすい。 全体をみると、講師が生徒1人1人を気にかけ、それぞれにあった対策をとってくれているという講師の姿勢に人気が集まるようです。そんな講師の指導によって、もしつまづいているところがあれば戻ってでもそこをどうにかしようと努力してもらえますよね。また、テスト前にはそれぞれの学校のテスト範囲に合わせた試験対策授業をおこなってくれる講師のおかげで成績がグンと上がったと実感があった方もいるようです。   市進日の出学習塾でも生徒1人1人の学習能力を見極め、わからないところは講師と一緒に改善していくというスタイルをとっています。 インドグルガオンにある市進日の出学習塾に入塾希望の方はemailにてご連絡ください。    

教え方の上手な塾講師 そうでない塾講師 市進日の出学習塾

教え方の上手な塾講師 そうでない塾講師 市進日の出学習塾 Photo by Tra Nguyen on Unsplash 子供を塾に通わせるときに保護者の方が心配する要素として、塾講師のクオリティーがあります。塾講師といえど集団塾と個別塾があるためそれぞれにあった先生というのはまた変わってきます。塾講師は基本的に勉強が得意な人が集まるそうです。よって教える、教えられる立場において理解度に差があるのは当たり前です。 階段で例えると、講師は3段飛ばしで登れるのに対して生徒は1段づつしか登ることができません。問題を解く際にはあらゆる段階を経て答えを導きだしますが、そのどのステップで生徒が躓いているのか気づき、その部分をカバーしてあげられる先生がわかりやすく優秀な先生になります。 見分け方としては保護者は実際に授業に参加できるわけではないので子供を通して講師を判断するしかありません。それを確かめる一つの方法として、授業のスピードが速くないかと確かめることができます。生徒が速いと感じているということは、生徒が置き去りになって授業が進んでいる可能性があるからです。 そしてもう一つは質問をたくさんされているかということです。これはなぜかというと、質問が多い分生徒は頭を使う時間が授業の中で多いということになるからです。質問形式の授業は子供に考えさせるうえで非常に重要な要素になります。特に個別指導塾では教え方が上手な教師とそうでない教師のムラが激しいそうです。その対策として、塾講師指導の管理システムが導入されているか否かに焦点をあてるのもいいかと思います。 市進日の出学習塾では受験から生活習慣に至るまで、お子様の潤滑な成長を支えるために様々なアドバイスをしています。おかげ様で多くの生徒が勉強をするために毎日足を運んでくれています。市進日の出学習塾の生徒は非常に生き生きとしており、授業中も一生懸命勉強に取り組み、時には楽しそうな笑い声も聞こえます。海外で塾に通って、日本に帰国したときに、日本の子供たちの学力と同じ水準で勉強をこなしていけるのかと心配される保護者様がいらっしゃいますが、経験豊富な日本人講師、テキスト、環境を備えているため心配される必要はありません。 日本にある市進塾からは毎年有名中学校、高校に進学する生徒が多数います。また、インドグルガオンの市進日の出学習塾も例外なく生徒も有名中学・高校への進学を果たしています。 市進日の出学習塾に入塾希望のかたは、emailにてお問い合わせください。      

塾の先生ってどんな人が務めるの? 市進日の出学習塾

塾の先生ってどんな人が務めるの? 市進日の出学習塾 Photo by Element5 Digital on Unsplash まさしく塾の先生は学習の頼れるスペシャリストです。豊富な知識を持っているのは当たり前ですが、それに加えてコミュニケーション能力も必要とされます。なので、だれでも塾の先生になれるわけではありません。教員免許をもっているとは限らないところが学校の先生とは違いますが、学力は同等レベルと言われているそうです。教育学部を出ていない先生もいますが、かえって大学で教えられたマニュアル通り授業をこなすよりも、塾の先生のほうが個性がでやすく楽しい授業になります。また塾の先生は相談を受け付けたり、個別面談を実施したりなどで割と距離が近いと感じられるでしょう。担任の先生がしっかりとクラスの生徒の面倒をみるというのが特徴です。市進日の出学習塾では山内講師という日本の学習塾経の豊富なベテランの日本人講師が教室長をしており、学習塾の責任者です。学習塾についての説明会が行われる際も、山内講師からの詳細な説明があります。 そして皆さんチューターという存在をご存知でしょうか。チューターは先生と生徒の橋渡しをする役割で、どの塾にもいます。市進日の出学習塾でもこのチューターという役割が保護者と先生との信頼関係をつくる大事な存在となっています。こうしてそれぞれの塾スタッフをうまく配置することで、よい学習塾、よい環境、よい信頼関係をつくりあげていきます。 ではそれぞれの先生には役割があると分かったところで、どのように保護者からの視点で活用していくかを考えていきましょう。もちろん授業内容でわからないところがあれば質問するというのは遠慮はいりません。学校の定期テスト対策の相談ですとか、とにかく勉強の仕方を教えてもらうといいでしょう。勉強の仕方については保護者様や学校の先生だけではカバーしきれない部分がどうしてもでてきてしまいます。なのでこちらを活用しない手はないです。また、先生方は広い視野を持っていますから一般の中学校、高校の進学だけにとどまらず、様々な将来の選択肢を提示します。塾講師は親身になって相談に乗ってくれます。さらに生活習慣などのことについても成績に影響がでるため指導をします。学校の先生や保護者様に相談できないようなことも相談できる存在が塾講師なのです。 市進日の出学習塾はおかげ様で、たくさんの生徒さんにご利用いただいております。また経験豊富なベテラン講師陣が指導していることもあり、保護者様からお喜びの声を頂いております。 入塾希望のかたがいらっしゃいましたらご遠慮なくemailにてお問合せください。    

最適な塾の選び方 集団塾編 市進日の出学習塾

最適な塾の選び方 集団塾編 市進日の出学習塾 Photo by Celia Ortega on Unsplash 皆さんは塾ときいてどのようなことを思い浮かべますか?受験、学習習慣、習い事の1つと思われる方がいると思います。しかし、塾に求めるものは学力向上です。塾に通い始めて成績が上がったという声もよくききますが、同じ時間塾で勉強させてもほかの塾で勉強をしている子供と差ができていたということが起きていたら?それは塾と子供があっていない可能性があります。塾選びには子供の性格と塾の学習スタイルの相性の良さを確かめたほうが無難で、そうでもしないとただただ高い月謝をつぎ込むだけになってしまうかもしれません。 塾には様々な種類があり、一つが集団塾で、一昔前までは集団塾が主流でした。1年をとおしてカリキュラムが決まっていますので、ついていけるかは生徒次第ということになります。メリットとしては、授業料が安価であることです。こちら安い授業料で5科目対応しているところも少なくありません。そして、一緒に学習して成長していく仲間がいること。授業ごとにテストでの順位を張り出すことでやる気がわきますよね。デメリットとしては、平均点以下の生徒は授業で置いてきぼりになること。学校の授業についていけないからわざわざ塾に入ったけれどさらについていけなくなり、勉強嫌いになってしまうというパターンがあります。そして消極的な子供はわからないことを素直に伝えられないためわからないまま過ごしてしまうということ。集団の中でなかなか手を挙げて質問するのは勇気がいりますよね。また中途半端な時期に入るとわからない内容からである可能性がある。これは塾によりますが、途中入塾の場合はその単元まで予習を強いられるため、子供にとってつらいスタートになってしまうかもしれません。そしてこの集団学習に適している子は、競争心があり負けず嫌いな子、ある程度の学力がある子、学習習慣が身についている子となります。では逆に無駄になる子ですが、学校の授業についていけていない子、消極的でありマイペースな子、宿題以外の勉強をせず、提出物ですら出せていない子です。塾選びは授業料の安さだけできめるのではなく、その子にあった方法で学習させるべきでしょう。 市進日の出学習塾では生活習慣の中に、勉強をとりいれるコツや、いざ勉強をするとなった時にどのように勉強をしていったほうがいいのかなどノウハウを教えることを大事にいています。インドグルガオンでの塾では日本人のプロの塾講師が皆様の進学をお手伝いします。ご興味のある方はぜひemailにてご相談ください。

インド人の世界進出 将来の理想的なモデル 日の出学習塾

インド人の世界進出 将来の理想的なモデル 日の出学習塾 Photo by Igor Ovsyannykov on Unsplash 今世界では、人口12憶の競争を勝ち抜いたエリートたちが学問の分野で活躍をしています。インド準備銀行(中央銀行)のラグラム・ラジャン総裁は、IMFのチーフエコノミスト、シカゴ大学教授を歴任した世界的に著名な経済学者です。そしてこのような特に企業活動での活躍が突出しているのが、在米のインド人です。その在米のインド人がどのような学校を卒業し、アメリカでの活躍の場を勝ち取ったのかというとインド工科大学という名門校の存在であります。IIT(インド工科大学)は理系最高峰の大学で、現在、インド国内19カ所にキャンパスがあり毎年約1万人が入学します。IIT出身者には世界的な研究者、企業家、官僚などが多くいます。インドにはたくさんの州があり、全国から入学希望者が集まってきます。それぞれの州に言語や文化があり、多様な言語や宗教、価値観の人々と日常的に接するインドで育ったインド人のエリート層は、多様な人種が入り交じる欧米の企業においても、違和感なく人と接し、交渉する能力を持っているのです。 ここまでは在米インド人の活躍を述べましたが、では在日インド人はどうなっているの?と疑問に思われた方がいるかもしれません。現状は非常に厳しく、高度人材は日本で働きたいとは思わないようです。人手不足が深刻化する中、日本では海外から労働者を受け入れる必要があると考えている人が多いです。日本で働くために障壁になっているものとはなんでしょうか。IT産業に関しては、熟練のIT技術者を海外から呼び込まないかぎり、日本企業はIT人材が豊富な国へと海外移転を進めざるをえなくなります。日本は外国人を受け入れる態勢がビザなど少々厳しい傾向にあります。海外の優秀な人材を永遠に外国人労働者のままとするのか、日本国籍を取得する選択肢を与えるのかは、政治的に厄介な問題です。そんな行き詰った状態を打破するために日本のIT人材派遣会社・ウェブスタッフは、インドの名門校・インド工科大学(IIT)の学生をインターンとして採用し、長期雇用を視野に入れ日本企業で2カ月ほど働くプログラムを行っています。同社によれば、日本企業がインド人ITスペシャリストを雇うときに直面する最大の障壁の1つは言葉だそうです。なぜなら大体のエリート層が話す言語は英語である可能性が高いからです。同社の取り組みは、今後どのような問題が起きるかを示しています。 さらに難しい問題は、賃金体系や昇進といった日本の雇用システムの根幹にかかわるものです。日本企業はすでに、人材獲得競争で外資系企業に負けています。日本のソフトウエア開発者の給与は、通常の従業員をわずかに7%上回る程度です。対照的に、米国では通常の従業員に比べ4割高い報酬が開発者に支払われています。 このような日本の状況を変えていくのは次世代のリーダーである今の日本の学生さんです。日本の政治を変えるのもよし、海外で活躍するのもよし、尊敬できる人を目指してひたすらに頑張れば必ず夢はかないます。どうせ夢を持つならおっきく。次世代の皆さんの活躍が楽しみです。 日の出学習塾はインド グルガオンにある在印日本人対象の学習塾です。興味をもたれた方はお気軽にemailにてご質問等どうぞ。  

インド人の学力の秘密 日の出学習塾

インド人の学力の秘密 日の出学習塾 Photo by Igor Ovsyannykov on Unsplash インドの学生のポテンシャルは凄いのです。インドが13億人市場を誇るアジアの大国であることはご存知でしょうか?中国を追い抜く形で人口が増加しているそうです。数年したら、もはや世界第一位の人口はインドになるでしょう。そんな人口の多いインドですが、学生のポテンシャルがハンパじゃないのです。小学4年生で九九を「二十の段」まで言えるそうです。数学大国インドと呼ばれる所以ですね。文系より、理数系が圧倒的に強いのです。世界地図を見てもさっぱりわからないインド人ですが、理数系には特化しており、東京大学の入試問題も、簡単に解いてしまうそうです。そしてインドは凄腕の経営者を続々と輩出している国でもあります。かの有名なソフトバンクの孫正義社長は、インドのニケシュアローラさんを副社長としてヘッドハンティングしました。しかも報酬は165憶円です。彼のこうした世界での活躍が認められ、学生たちは夢を持ち続け努力しています。 そんな優秀なインド人を採用しようと、世界中の企業が今注目しています。それがインド工科大学です。毎年30万人以上が受験をし、倍率は60倍だそうです。日本の有名企業はもちろん、Google、IBM、Microsoftなどなど世界の名だたる企業が、優秀な人材を求めて来ています。もはやインドの頭脳は世界の頭脳と呼ばれるレベルになりました。これから世界をリードしていくのはインド人なのかもしれません。 ではインドの学校制度について少し紹介します。インドでは,教育は中央政府と州政府が共同で実施することになっていて就学年数などは州により少しずつ違います。ただ基本的には,小学校が5年,中学校が3年(6~8年生),中等学校が2年(9,10年生),上級中等学校が2年(11,12年生)となっており,そのうち義務教育期間は,小学校と中学校の8年間です。中等学校2年生(10年生)と上級中等学校2年生(12年生)のときに全国共通テストが行われます。このテストの結果は,その後の大学への進学に影響するため,生徒たちは一生懸命勉強しています。 インドの学校を例にとりわかりやすく様子を紹介します。ムニ・インターナショナル・スクールという学校は幼稚園から10年生までの私立一貫校で、校内公用語は英語です。インターナショナルスクールという名称にふさわしく,教育は英語を中心として行われているため,生徒たちは,英語を自在に使いこなしているそうです。インドの学校では,このように英語で教育が行われている学校が多くあり、また,5年生から10年生までは,日本語,ドイツ語,フランス語,スペイン語,アラビア語,中国語の中から一つを選択して学ぶこととなっていて,外国語教育に重点を置いているそうです。 理系科目だけでなく、そのスキルを使ってグローバルに活躍するために、小さい頃から言語の学習もしていくわけですね。日本の学生も、インドのこのモチベーションとポテンシャルの高さに負けないように夢を持って、学業にはげんでいってくださいね。 そして、この学業に熱気となるインド、グルガオンで私たち日の出は学習塾も行っています。私たち講師一同インドの学業熱にまけないように、気合を入れて指導をしてまいりますのでなにとぞよろしくお願い致します。 日の出の学習塾に興味を持たれた方は下のURLから訪問いただくか、またはe-mail addressにてお問合せください。 学習塾 info@www.hinodegroup.com