XMLマスター 日の出ITスクール

XMLマスター 日の出ITスクール Photo by Goran Ivos on Unsplash XMLマスターは、XML及びXML関連技術についてのスキルを測る技術者認定システムです。2001年10月から、XMLに特化したXMLマスター認定試験が登場しました。 こちらの資格は、失効する事がなく、一度習得すれば長期に渡ってそのスキルを活かすことが可能で、ベンダー認定の資格ではありません。XMLマスターは、ベンダー認定資格と情報処理技術者資格の中間的位置づけとなっています。また、取り扱うスキルを明確に絞り込んで、試験範囲を普遍的な内容にセッティングし、ベンダー技術に依存しない中立的な認定を与えることを目的としています。XMLマスターのポリシーとしては、常に時代が必要とする技術者認定であり続けるということ、実践的なシステムエンジニアの育成に役に立つこと、真の実力の判定基準となる試験であるという事の3つの理念に基づき作成されています。認定資格はベーシックとプロフェッショナルの二つのレベルがあります。 XMLとは何なのか、どんな仕組みなのかを紹介していきます。XMLとは、文書やデータの意味で、構造を記述する為のマークアップ言語の1つであり、ソフトウェア間の通信の形式等、データを保存するファイルフォーマット等の定義に使われています。また、HTMLと同様に、SGMLから派生してきた言語でメタ言語です。その為、XMLは分かりづらく、分かりづらい理由としてはXMLがメタ言語であるという事実に由来すると考えていいかと思います。メタ言語が世間の話題になることは珍しく、普通の状況であればメタ言語であるXMLが話題になることはあり得ません。しかしながら現実はXMLに注目している人は多く、XMLを学びたいと思う人も多いという事です。XMLは複雑であるために、天才以外は手を引いた方がいいと考える人が多くいたが、問題はメタ言語という壁に怯え、真面目に理解しようとしなかった人がいたこと、しかしながら慣れればこっちのものである為それに気づいた人達が更にXMLの利便性に気づき後に大ブームとなりました。 XMLの特徴ですが、デザインを分離していることにより、一つのXMLデータをもとにXSLを変えるだけで様々な表現を行うことが出来ます。また、データが意味と構造を持っているという事は、システム間でのデータ交換にあたり大きな利点となります。従来のCSV形式のデータで互換を取っているシステムの場合だと、データの内容ではなく並び順で処理が行われていました。いかにXMLが便利であるかお分かりいただけましたでしょうか。 日の出ITスクールでは入学希望者を募集しています。ご興味のある方はemailにてお問合せ下さい。    

PHP技術者認定試験 日の出ITスクール

PHP技術者認定試験 日の出ITスクール Photo by Henri L. on Unsplash 環境構築が簡単であることに加えて、他の言語と比べても簡単にコーディングが出来るので、大部分の企業のコーポレートサイトやECサイトがPHPで構築されています。W3TECSの情報によると、PHPのサーバーサイドプログラミング言語シェアは80%に達しています。このようにかなりニーズの高いPHPですが、認定試験があることを皆さんご存知でないと思いますので、今回はPHPの技術力の証明となるPHP技術者認定試験についてご紹介致します。 PHPエンジニアの中には、PHPの技術を磨いて自分を評価してもらいたいと考える方もいらっしゃるでしょう。そのような方にお勧めしたいのがこちらのPHP技術者認定資格で、この資格は、一般社団法人PHP技術者認定機構が主催のPHPの知識や技術を認定する試験です。PHP技術者認定試験は、初級、上級準上級、認定ウィザードという3つのレベルに分かれています。上級準上級試験では、正答率70%以上の場合には上級に認定され、正答率50%以上70%未満の場合には準上級と認定されます。PHP技術者試験において最上位である認定ウィザードは、応募資格として準上級または上級を取得していることが条件となっています。 初級試験は、PHPプログラミングの基本的な問題が出され、認定教材やPHPのオンラインマニュアルから出題され、他にも一般的なPHPに関しての基礎知識に関する出題もあります。PHP技術者認定機構では、独学者の合格率を75%に、認定スクール受講生の合格率を85%を目標にしています。上級、準上級試験は、PHP知識に加え、実用的なプログラミングテクニックが測られ、THINK ITの記事によると合格率はたったの6.4%でかなり難関であると言えます。上級、準上級試験よりもさらに難しいのが認定ウィザードの試験で、この試験は4000文字以上の論文を匿名で公開したものを提出し、投票によって水準を満たしたものを合格とする特別な審査方式を取っています。年度によっては、合格者がいない年も過去にあったため、相当な技術と知識が必要とされるようです。 PHP技術者認定資格試験は、初級試験にたまたま合格できたとしても、基礎がしっかり身についていなければ上級試験での合格は難しいでしょう。そのため、テキストの内容をしっかり理解し、暗記で終わらせないようにすることが大事で、PHP技術者認定資格試験の認定校に通うことが最大の合格までの近道であるといえます。現場で使えるPHPスキルを身につけるためにもスクールに通い、試験対策をしっかりとすることが重要です。 いかがでしたでしょうか。皆さんもPHPを使いこなせるよう頑張ってくださいね。    

Javaプログラミング能力認定試験 日の出ITスクール

Javaプログラミング能力認定試験 日の出ITスクール Photo by Markus Spiske on Unsplash こちらの資格は、JAVAに関する基本的な知識を有し、オブジェクト指向に基づいたアプレットやアプリケーションプログラムを作成する能力を認定する為の資格です。合格率は約60%ほどで、平均的な学習時間は、1級で70時間、2級で100時間、3級で110時間となってます。就職先としては、通信会社、webコンテンツ制作会社、アミューズメント関連企業等で、様々な表現が駆使されている現代において、OSに依存しないJAVAの技術は非常に重要視されていて、JAVAプログラマーの数が不足している現在、JAVAプログラマーの需要は高いと言えます。就職するには実務経験があれば尚可であるが、ない場合は最低2級をを取り、+sjcの資格等も合わせて取得しておきたい所です。 仕事内容としては、システムエンジニアやネットワークエンジニアが作成したシステム開発仕様書に基づいて、webサーバーの構築や、web系アプリシステムの開発を行います。年収ですが、平均で約400万円といわれています。この資格は特に受験制限はなく、合格基準は満点中60%以上を取ると合格となり、受験地は札幌、東京、名古屋、大阪、福岡です。受験料は1級で7600円、2級で6200円、3級で5100円です。 いかがでしたでしょうか。比較的簡単な検定なので、皆さんもぜひ挑戦してみて下さいね。 日の出ITスクールでもJAVAプログラミング能力認定試験対策を行います。入校希望の方はemailにてお問合せをお願い致します。  

C言語プログラミング能力認定試験 日の出ITスクール

C言語プログラミング能力認定試験 日の出ITスクール Photo by Goran Ivos on Unsplash IT関連は様々な資格が存在しますが皆様は何かの資格取得を目指されていますか?プログラミング言語は数多くありますが、その中でも昔から基幹システム等でも使用されているC言語に関する検定に絞り解説をしていきたいと思います。こちらの資格は、C言語を使用した応用プログラミング能力を測る内容となっており、1級、2級、3級と分けられています。試験は6月と10月に行われており、受験会場は札幌、東京、名古屋、大阪、福岡の5か所にあります。合格ラインは正答率60%となっているので、そこまで難しい条件ではありません。ただ、受験者と相性の悪い問題が出た場合、1つの問題に試験時間の大半を使ってしまうという事が起きかねないので注意が必要です。60点とればいいなら余裕だと思われる方もいるかもしれません。しかし、実際に受験した方々の合格率をみてみると約70%と思ったより合格率が高いわけではないようです。 初心者が学習を始めて3級を取得するまでの時間が約110時間、1級の場合は2級合格者が更に約70時間学習すれば取得の可能性があると言われています。試験勉強のみで110時間や70時間はかなり真剣にやらないと合格が難しい事が伺えますね。また対象者ですが、3級に関してはこれからC言語を用いてプログラミングを学びたいと考えている人向け。2級は、初歩的なプログラミング操作ができる人。1級は試験環境がBORLANDC++、COMPILER5.5と決められており、コマンドプロンプトの理解がなければ試験内容をまったく把握できないほど、2,3級とはレベルが大分違います。 1級は実技試験で行われ、事前に公開されているテーマプログラムに対する仕様変更、仕様追加のスキルを測られ、コーディングするだけではなく、コンパイルとデバッグまでを含んだプログラム作成をしなくてはなりません。実際の問題ではコーディングだけに限らず、変更仕様書の作成など、設計にも関わる問題も含まれています。総合的にC言語を用いるプログラミング開発に関する知識やスキルが必要とされます。2級3級は多岐解答選択形式、マークシート形式で、出題範囲に従い出題されます。 いかがでしたでしょうか。この資格の取得を目指す方は、とりあえず3級から始め、徐々に知識を深めながら1級取得を目指された方が良さそうです。 日の出ITスクールでもC言語プログラミング能力認定試験対策ができます。入学希望の方はお問合せをお待ちしています。

VBAエキスパート 日の出ITスクール

VBAエキスパート 日の出ITスクール Photo by Ali Yahya on Unsplash VBAエキスパートとは、マクロとVBAのスキルを証明する資格の名前です。こちらは税理士のような業務独占資格ではありません。Excelやaccessなどのアプリに指示を出した通りの処理を実行させる行為をマクロといいますが、VBAは、マクロにExcelやaccessへの指示を記述する為の言語で、visual basicを基本に、Microsoftの製品用に開発をされたプログラミングの言語です。VBAを使うことによりExcelやaccessを自由自在に制御することが可能になりますので処理の自動化や大量のデータの一括処理などで重宝されています。 VBA試験はpc上で行う試験です。Excel VBAとaccess VBAで、それぞれスタンダードとベーシックの2種類の試験があります。ベーシックよりもスタンダードの方が試験範囲が広く、難易度は高めです。試験会場は全国に約650あり、毎日試験を行っている会場もあって、最寄りの会場でいつでも受験可能です。公式サイトで会場の検索ができますが、すべての会場が表示されるわけではないようです。なので、それ以外の会場でも受験できる可能性があります。お近くのPC教室でも受けられるようです。開催頻度は会場によってまちまちですが、平均して月に1回~4回程度の開催です。試験時間は約50分です。配点などの採点方法は明らかになっていません。またこの試験はpcで受けるので、その日に合否がわかり、その日から履歴書に記載が可能となります。 そしてこの資格はVBAの資格の中で一番知名度の高い物です。この資格の落とし穴はスペルです。普段VBAを書いていても、スペルをしっかりと覚えていなければ合格は難しいでしょう。VBEの候補表示に頼ってしまっていたり、コピペを多用している方は要注意かもしれません。このスペルを完璧にしておくだけでも、合格率は格段と違います。そしてこのVBAエキスパート試験は受験料が高く、約15000円という金額になっています。一度落ちるとまた受験するのはなかなか気がすすまないですよね。また、独学で勉強する際には、ネット情報を活用すると、試験に対するいいアドバイスが得られるでしょう。 テキストブックも二つ紹介致します。一つ目は、できるExcelマクロ&VBA作業の効率化&スピードアップに役立つ本というものです。こちらは、Excel VBAの基本的な事が詳細に書いてあります。わからないことがあれば辞書の様に活用できます。 二つ目は、Excel VBAでIEを思いのままに操作出来るプログラミング術というものです。こちらはExcel VBAを使ったInternet explorer操作が中心に書かれています。VBAエキスパート試験を受けようと考えている皆さん、ぜひ将来の為に一発合格目指してがんばってください。  

Word文書処理技能認定試験 日の出ITスクール

Word文書処理技能認定試験 日の出ITスクール Photo by rawpixel.com on Unsplash Word 文書処理技能認定試験は、webの試験を行うサーティファイソフトウェア活用能力認定委員会が主催しているMicrosoft Wordを用いる文書作成技能に加えてビジネス実務の展開能力を認定するための試験です。全国で40万人にもおよぶ人が受験をしていて、合格率においては70%を超える程簡単な試験です。 1級のレベルは、Microsoft Wordを用いて高度なビジネス文書処理を行う能力がある。同時に、PC、表計算、ワープロ、ビジネス文書に関しての高度な実践的技能を駆使しながら業務処理を効率化できるかどうかが判定の基準になり、難易度はエキスパートレベルとなっています。 2級のレベルは、Microsoft Wordを用いて通常のビジネス文書処理を行う能力がある。同時にPC、ワープロ、ビジネス文書に関しての実践的な技術を有しているかどうかが判定の基準になります。 3級のレベルは、Microsoft Wordを用いて簡単なビジネス文書を作成する能力がある。同時に、PC、ワープロ、ビジネス文書に関しての基礎的な技能を有しているかどうかが判定の基準になります。 就職、転職にWord文書処理技能認定試験の資格は必須。就職や、転職活動をするにあたり、まずはどこの企業も書類審査からのスタートです。資格がないのならば証明をすることもアピールすることも不可能です。面接でアピールすればいいと思う方もいるかと考えますが、書類審査を通過することができないのならば機会を逃すということになります。沢山の方が間違えていることがあるのですが、Wordを使えるということは文字の入力のことを指しているわけではありません。文字の入力はPCの入門レベルで、Wordだけに限らずどんなソフトに対しても必要な基本中の基本なのです。入力だけができたとしてもタイピングが遅いということであれば実践レベルであるとは言うことができません。Wordの機能をしっかりと理解し、効率のいいデータの作成と編集ができるということが重要なのです。時間内で解く試験であるため資格の形で能力を示す権利が与えられます。 実務レベルのスキルで即戦力になろう。事務職のようなデスクワークに就いてみたいと考える人は全国に五万といます。事務職の有効求人倍率が1パーセントに満たすことがかつてない地域も存在します。人件費削減と騒ぎ始めている今は、研修制度が少なく、そんな企業がほぼほぼを占めています。その中に、無資格、未経験で応募をしたとしても即戦力になることは不可能であるため、書類審査ですら通過することができません。資格を持っていたとしても基礎レベルの資格を持っているという人は全国に何十万人と存在するので、アピールするということは難しいのです。即戦力になることができるとアピールをしていくために1歩進んでいる実務レベルの資格が必要となってきます。 いかがでしたか?日の出ITスクールでは基礎からPCの使い方を学んでいきます。入校希望の方はお問合せください。