最適な塾の選び方 個別指導塾編 市進日の出学習塾

最適な塾の選び方 個別指導塾編 市進日の出学習塾 Photo by Peter Hershey on Unsplash 個別塾(少人数)の多くは個々のレベルに合わせて授業をすすめていくという形をとっています。だいたい先生一人に対し生徒は二、三人です。メリットとしては、まず質問がしやすいということ。先生が生徒を教えている間は一対一なのでわからないところはわからないとはっきり言えます。そして効率よく学習ができます。考える時間がその子のために十分に与えられ、できた時に合わせて先生がみてくれるので円滑に学習をすすめることができます。そしてデメリットとしては、先生に教えてもらえる時間は全体の3分の1から半分程度であることです。一対二の授業であれば80分の半分で40分しか自分の時間が与えられません。そして担当の先生の当たりはずれもあるのでここは運しだいです。またその子供にさぼり癖があればせっかく与えられた問題を解く時間はただの休憩時間になってしまいます。 ではどのような子に適しているのでしょうか。まず学校の授業についていけていない人にはお勧めです。そして消極的でマイペースな子。成績を上げたいと思うやる気のある子。では無駄になる子はどうでしょうか。やる気、意欲、学習習慣がない子。学校のテストで最下位を争うレベルである子。宿題、提出物を出さない子です。やはり月謝は集団学習塾に比べると高い傾向にあるので、子供のやる気があるかないかで通わせるのか考えたほうがいいかと思います。 では個別指導塾(マンツーマン)はどうでしょうか。こちらメリットは躓いてる単元から始めることが可能であるのでウィークポイントをしっかりとカバーできますね。1対複数人とは違いその子が学習をしている最中常に先生の目があるので、先生側もどのようなクセのある子なのか見抜くことができます。そして質の高い授業をしっかりとうけることができます。これはそのまま1時間の授業であれば、1時間がその生徒だけの時間ということです。また人見知りの子でも対1なので徐々に慣れてくることが期待できます。そして基本的には先生が変わることは少ないので、安心できる環境で長い時間学習することが可能です。かつほとんどのマンツーマンの塾には自習室があるためそこで個人的に学習し、わからないところは手の空いている先生にいつでも相談できるというかなりの好待遇なのです。そしてデメリットをあげると授業料が集団塾に比べて高額だということ。しかし家庭教師よりは安いです。また担当になる先生に当たりはずれがあります。そして授業で行われていない科目は置き去りになってしまうということがありえます。授業料が高めであるため、授業科目以外は置き去りになりがちです。では適する子はどんな子か。学力が成績優秀者か最下位あたりの子。人見知りが激しい子。宿題をしない子です。適さない子は引きこもりや不登校でない限りなかなかいないと思われます。以上を踏まえてお子さんのために最適な塾を一度改めて考えたほうがいいかと思います。そのためには塾の特徴とお子さんの性格をしっかりと理解したほうがいいです。子供の性格を見極めて、塾代が無駄にならないようにお気を付けください。 インドグルガオンの市進日の出学習塾ではそれぞれのお子様のニーズに合わせ、様々な授業形態をとることが可能です。ご興味のあるかた、入塾希望のかた、ご要望などございましたら、ご遠慮なくemailにてお問合せください。