ドットコムマスター 日の出ITスクール

ドットコムマスター 日の出ITスクール Photo by rawpixel.com on Unsplash ICT社会を生きるすべての人々にお勧めしたい資格です。近年はインターネットの普及が目覚ましく進んでおり、光ファイバーなど高速通信網も整備がされてきました。この資格の内容は、クラウド活用、スマートフォンやタブレット端末、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアなどの最新のITC技術や、サービスを常に反映しています。 ドットコムマスターの公式テキストは、効率的な学習が行えるように検定の出題範囲を分野ごとに系統的に解説がされています。そしてドットコムマスターは現在様々な企業で資格取得を推奨されていて、技術や知識を磨くために活用されています。よくわからない人でもこの資格のドットコムマスターという響きはかっこよく感じるでしょう。この検定は、★シングルマスター2001、★★ダブルマスター2002、★★★トリプルマスター2003とこのように星の数がその資格のレベルを表し、数字が取得した年を表しています。この資格は現場で、サポートをしたり指導をしたりとインストラクター的な役割です。どうやって勉強をしようか悩まれるかたがいるかもしれませんが、この資格は警戒するほど取得が難しいものではありません。もちろん一発合格を狙う方は一生懸命勉強をすることをおすすめしますが。公式テキストは内容もしっかりとしており活用する価値があります。過去問をやっておくことも大事で、同じ問題がでてきたら限られた時間の中での解答をしなければいけないわけですから助かりますよね。そして実際に解いてみることで、実際に自分が理解していない部分を発見するきっかけを作りましょう。ただ初回の場合は過去問なんてありませんから、抜け目がないようにまんべんなく勉強はしておきましょう。試験当日の話になりますが、雰囲気は特にほかの資格と変わりはありません。合格発表は公式サイトで公開となります。 インドグルガオンにある日の出ITスクールではITの基礎からAIなどの応用まで幅広く学習の機会が与えられます。またインドにあるITスクールの中でもリーズナブルな価格で、かつ快適で清潔感のある住居もご提供致しますので、インドに安心して渡航していただけます。SEを目指したいという志をもった方、SE歴20年ほどの講師が皆様をサポート致します。 日の出ITスクールに入校希望の方はemailにてお問合せください。      

情報検定J検 日の出ITスクール

情報検定J検 日の出ITスクール Photo by Nick Morrison on Unsplash J検とは、情報を扱う人材に必要とされるITC能力を客観的基準で評価する文部科学省後援の検定試験です。難易度としては、1級はやや簡単、2、3級は簡単な試験です。知名度は高いけれど、この資格だけで就職は厳しいようです。J検は幅広い年齢層の男女で情報系に興味がある人に受けてもらいたい資格です。 J検の内容を紹介します。情報システム試験は基本スキル科目において、ソフトウェア開発の基盤となる情報の表現、ハードウェア、基本ソフトウェアに関する基礎的知識、プログラミングスキル科目では、プログラミングする能力、システムデザイン科目では、実際のシステム開発技術やそのために必要なネットワーク技術、データべース技術、またセキュリティ標準化に関する知識が必要です。この資格の主催は、一般財団法人職業教育キャリア教育財団で、J検を管理運営する経済産業省所管の団体です。今現在、産業や教育、文化など様々な分野で情報のテクノロジー化が急速に進む中、情報全般を広い範囲で扱う専門家の必要性が拡大しています。 J検の受け方についてですが、J検には指定された試験会場でのペーパー方式とコンピューターに接続して受験するCBT方式と2つあります。平成28年度の合格率は、情報システム試験ですと各科目とも40~45%情報活用試験は、2級と3級は80%越えで1級に関しては35%ほどでした。合格発表は、ペーパー方式が各試験実施日から3週間後で、CBT方式は、各試験実施日から2、3日後に検定試験HPの合否結果システムで発表されます。広く知られた資格ですがこれだけで一定の収入を得ることは容易ではないようです。IT資格の入門的な扱いでパソコンを初歩から学びたい人や、ほかの上級資格を目指す一歩として社会人はもちろんですが、中学生から大学生まで広い世代が受験しているようです。 IT化が進む現代では、子供のころからコンピューターを扱う機会が非常に多いと思います。なので今の子供たちにとってIT業界への就職は有利であると考えます。もし将来ITの資格取得を目指すのであればこの資格は情報関連の資格の中では、初歩的なものなのでこの資格を主要とした独立は難しいと思います。 日の出ITスクールではITパスポートの資格を取るためのコースがあります。この資格は国家資格ですが、ITの入門知識を確かめる資格なのでそんなに難易度は高くありません。 日の出ITスクールで資格取得を目指したいと思われた方はemailにてご連絡ください。      

情報処理安全確保支援士 システム監査技術者 日の出ITスクール

情報処理安全確保支援士 システム監査技術者 日の出ITスクール Photo by JC Gellidon on Unsplash 情報処理安全確保支援士とは、平成29年4月から新しく登場する情報セキュリティ関係の国家資格です。そして情報処理安全確保支援士は最新のセキュリティに関する知識や技能を備えた高度でかつ実践的な者に与えられる資格です。情報処理技術者試験とは兄弟関係にあり、IPA主催で、経済産業大臣が認定者に与える資格です。こちらはITセキュリティスペシャリストからの移行であるため、ITSSはそのままレベル4となっています。そして、レベル4の試験の中では珍しく春、秋二回試験が行われます。 平成25年10月に情報処理技術者試験の情報セキュリティの問題の出題率が増加することが発表され、基本情報技術者、応用情報技術者の午後問題において選択が必須になるなど国家レベルで情報セキュリティに力を入れているため、これから情報セキュリティ関係の資格は需要がどんどん増加すると思われます。情報セキュリティ安全確保支援士の略称はSCです。今現在の情報セキュリティの状態は、ITによって生活が豊かになっている反面、最近は不正アクセスによる個人情報の流出や、サイバー攻撃によるサービスの中断などがニュースで取り上げられることが増え、組織での情報セキュリティの態勢を強化しようという動きが高まっています。 特に、2020年は日本でオリンピックが開かれるため、企業や政府機関の情報セキュリティ力が問われる場面であります。またシステム監査技術者試験とは、情報処理技術者試験の最高峰であるといわれています。情報システム分野には、開発、計画、運用、保守などありとあらゆる分野が存在します。この試験は、弁護士や税理士など非情報系分野の監査担当者向けの情報処理系の知識や見識もあるということを証明する際に物差しとなるものです。そのため、弁護士や公認会計士など経営系の監査業務を主とする職種で情報処理分野の知識確認をするために受験する人もいます。企業や派遣アルバイトですとこの資格を取るために手当が出る場合もあります。そしてこちらは応用技術者試験を合格していれば午前Iの試験を免除にできます。ただ世の中豊かになればいいわけではなく、ITを使って便利になることで、その技術を利用して悪いことをしようという人が少なからず現れるということですね。 日の出ITスクールではそんなプロフェッショナルを育てるために2018年4月からありとあらゆるニーズに対応したコースを取り揃え、皆様の夢をかなえるためにスタート致します。 ご入学のお問い合わせはemailにてお願い致します。    

データベーススペシャリストとは 日の出ITスクール

データベーススペシャリストとは 日の出ITスクール Photo by Charles Deluvio 🇵🇭🇨🇦 on Unsplash この資格は情報処理技術者試験の一区分である、テクニカルエンジニア試験に合格した人のみが認定される資格で、難関国家資格です。データモデル化技術そしてデータベース管理システムを活用する能力が求められ、情報分野の知識や技術が豊富でなければなりません。H29年の実績での合格率では14.5パーセント程とでています。約7人に1人が合格すると考えて頂けるといいと思います。論文問題のあるプロジェクトマネージャーやシステムアーキテクトに比べると簡単な試験内容にはなっています。しかし試験には十分な対策が必要なようです。独学で勉強される場合は1日1時間を目標にし、大体40時間~50時間ほどの時間でテスト対策をしたほうがよいとされています。試験範囲も情報分野だけにはとどまりません。またこの資格IT系の高度試験に合格している場合は午前I午前II午後I午後IIで構成されているうちの午前Iが2年間だけ免除になります。2015年春の試験での受験者は1万5355人でした。 就職先としては、情報システム系や、ネットワーク系関連の企業になります。年収はといいますと、550万円~900万円ほどと言われているそうです。資格をもっていると資格手当として基本給に上乗せされます。年収は全体の職種の平均400万円に比べると高水準です。 TBS系火曜10時から星野源演じる津崎平匡がデータベーススペシャリストの逃げるは恥だが役に立つという漫画原作のドラマが日本で放送されていましたがご存知でしょうか。こちらは結婚と称して契約結婚をした主人公森山みくりと相手の津崎平匡の恋愛模様が描かれているラブコメディーです。ドラマのEDで流れる出演者総出の恋ダンスも話題になっていましたね。第9話に明かされた津崎がもつ資格がデータベーススぺシャリストで凄いとこちらも話題になりました。津崎平匡は狭き門をくぐりぬけてきたITのスペシャリストだったのです。ですが、9話で資格が明らかになったのはリストラされそうだというストーリーの流れの中でだったので非常に残念でしたが、、。これだけ優秀な人材がなぜリストラされなければいけないのでしょうか。世の中そんなにあまくないということなのでしょうけれども。 日の出ファウンデーションでは基礎基本から応用まで様々なコースを用意して皆様をお待ちしています。またこの資格が取りたいなどご要望があればその方にあったコースの提案も可能です。詳細につきましてはemailにてご連絡ください。

基本情報処理技術者とは 日の出ITスクール

基本情報処理技術者とは 日の出ITスクール 基本情報技術者とは、経済産業省が主催する情報処理試験の中の一つです。どのような方がうけるのかというと、高度なスキルを持つ人材となるために、必要とされる基本的な知識・技能を持ち、実践で活用できる能力を身に着けたものということが試験概要には書かれています。その名の通り、主にプログラマーなどのIT職についている人、またはこれから働こうという人を対象にした試験です。試験では、IT業界で働くために必要な基本的な知識を持っているのか、情報処理に必要とされる論理的な思考力があるかどうか試されます。また経営や管理についてもある程度の知識が必要とされるので試験勉強をすることでITの全体的な学習をすることができます。スキルレベル1のITパスポート資格が、IT社会へのパスポートという意味であったのに対しスキルレベル2の情報処理試験はIT業界へのパスポートという資格の位置になります。同じ情報技術者試験のITパスポートと違うポイントは、プログラムに関する知識が求められることです。平成21年からは表計算も選択できるようになりましたが、データ構造、流れ図、アルゴリズムなどは出題されます。なのでこの試験に合格するためには、何かプログラミング言語を習得しておく必要があります。 基本情報処理者の試験は、IT業界に入るための出だしとしてとても認知されている資格です。そしてとても人気があり毎年の受験する人数は10万人を超えます。そしてこの資格は受験資格はなく短期の独学でも合格の確立が高いです。IT技術の普及により受験する人の数は増加の傾向にあります。 そして学校のカリキュラムに採用もされています。受験する人の平均年齢が低いというのもこの試験の特徴です。同じスキルレベル1のITパスポート試験と比較しても平均年齢は低めです。この理由として、高校、大学、専門学校のカリキュラムにも組み込まれていることや、就職活動でストロングポイントとしてアピールしたい人の受験が多いことがあります。教育に取り入れられているということからも基本情報処理者の試験の知名度やIT業界を目指している人たちからの信頼が伺えます。最後にもう一度、基本情報処理者の試験は、プログラマーだけでなくSE、webデザイナーなどあらゆるジャンルで必要とされる知識、技能を問われる試験です。そのため、情報学を学ぶ人々の最初の門がこの資格であるということです。   日の出ITスクールは2018年4月から開校致します。ご興味のある方はお問合せをお願い致します。

ハードウェアの構成要素 日の出ITスクール

ハードウェアの構成要素 日の出ITスクール Photo by Dawid Sobolewski on Unsplash これからITを始めたいという方がたくさんいらっしゃると思いますが、パソコンの中の仕組みをご存知でない方がいらっしゃると思うので、今回はハードウェアの構成要素についてお伝えします。パソコンをあけるとICというものがあり、ICの内部には,数十個~数百万個の小さなトランジスターが入っていて,それらの組み合せによってコンピュータに必要とされる様々な機能が実現されます。プロセッサーとはコンピューターの頭脳になる部分で、皆さんがお使いのPCの中には,米国インテル社が開発したペンティアムという名前のプロセッサーが装備されていることが多いと思います。プロセッサーは,その内部、または外部に接続されたクロック(水晶を使った発信装置)のカチカチという電気信号に合わせて動作します。1GHzで動作するプロセッサーなら,1秒間に10億回のカチカチ信号を受けています。クォーツ時計(クォーツは水晶)の針がカチカチと動くことと同じだと考えてください。メモリーもコンピューターの頭脳となるもので,プログラム(命令とデータ)を記録する機能を持っています。皆さんがお使いのPCの中には64MB~256MB程度の記憶容量のメモリーが装備されていると思います。メガは100万,バイトは8ビット=半角1文字を記録できる容量なので,64MBのメモリーなら6400万文字分のプログラムを記録できます。そしてコンピューターの動作はおどろく程シンプルなのです。ICが持つ個々のピンは,電源供給,データ授受,アドレス指定,動作制御いずれかの役割を持っています。プロセッサーは,メモリーまたはI/Oと情報を授受します。メモリーとI/Oにはそれらを識別するためのアドレス(addressは番地)と呼ばれる番号が割り振られているので,プロセッサーがアドレスを指定して情報を授受する相手を指定します。プロセッサーの中では,情報の演算が行われてます。入力,演算,出力を表す命令とデータを書き並べたものが,プログラムです。入力,演算,出力の組み合わせだけでワープロやゲームなどの高度なプログラムも実現されています。   いかがでしたでしょうか。パソコンの構造を知ることで、もっとコンピューターに親しみが湧いたのではないでしょうか。 日の出ファウンデーションではITスクールを2018年4月から開校致します。今現在日本ではシステムエンジニアが不足しており、とても需要が高いジャンルです。ご興味があるかたはemailにてお気軽にお問合せください。