Webデザイン、デザイナーとは 日の出ITスクール

Webデザイン、デザイナーとは 日の出ITスクール Photo by Galymzhan Abdugalimov on Unsplash Webデザインを学びたいというかたはとても多いのではないでしょうか。今日はWebデザインとはなんなのかをお伝えします。WebデザインとはPCやスマートフォン上でのレイアウトやデザインをすることをいいます。ホームページのデザインも、ウェブサービスのデザインも、ランディングページのデザインもすべてWebデザインです。 ではその技術を駆使して仕事をするwebデザイナーについてご紹介します。Webデザイナーの年収は契約形態やボーナス、残業時間によって大きく変わってくるようで、平均的な年収は300万~400万円ほどだそうです。サラリーマンとほぼ同じぐらいですよね。Webデザイナーならみんながみんな収入がいいわけではないそうで、一流デザイナーであれば高い収入を得られますが。実力次第で給料が大きく変わるのでそれだけリスクは高い仕事だそうです。ただし、webデザイナーの求人はいろいろな条件であるので、職場によって収入が全然違い、Webデザイナーで経験を積み、webディレクターやプロデューサーになれば年収はぐっと上がるそうです。ただ、現場だけの仕事ではなく、顧客とのかかわりが多くなります。営業も仕事に含まれているので、モチベーションをキープするのが難しくなり、昇格して年収を上げるか、現場のリーダーになりやりがいを見出すかはwebデザイナーの悩みでもあるそうです。アルバイトとして働く場合は平均時給1000円で、月7万~15万ほど稼げるそうで、年収だと80万円~180万円になるそうです。そして派遣社員の場合は残業代がつき、残業抜きで、年収は200~300万円程度だそうです。泊まり込みや徹夜の多い会社ではかなり身体に負担がかかりますが、大きく稼ぎをえることができるそうです。そして年収は500万円を超える人もいるそうです。しかし稼ぎすぎると会社から引き抜かれる可能性があり、残業代がなく、年収が大きく下がったという人も多くいるそうです。派遣社員から正社員になりたい人は、そのあたりは気を付けたほうがいいようです。   Webデザイナーもいろいろと難しい条件で働いているというわけですね。世の中安定した職につきたい人が多数だとは思いますが、webデザインが楽しくて好きという方はたとえリスクがあったとしても、webデザインの仕事をしてほしいなと思います。人生は一度きりですから、充実したライフを歩んだほうが絶対に自分のためになると思います。   日の出ITスクールではwebデザイナーを養成するコースもご用意しております。ご興味のある方はemailにてご連絡ください。